忍者ブログ
椿峰まちづくり協議会お助けマン部会の記録
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/31 藤村 眞樹子]
[12/31 安部 忠彦]
[09/17 藤村 眞樹子]
[09/17 安部 忠彦]
[06/23 藤村 眞樹子]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地域支え合い事業の検討 商工会との打ち合わせ(議事録 南林さん作成)
 
日時:2010215日 10:00~11:30
場所:山口公民館 第2学習室
出席者:
ライオンズロード山口商工会:会長  池ノ谷さん
                                                 副会長 粕谷さん 
所沢市市民経済部商工労政課:副主幹 林さん
椿峰まちづくり協議会:南林、中村、田中、杉村、三井、関、藤村
                                                                  
 
議題:
1.自己紹介
1)出席者確認
2)椿峰まちづくり協議会(活動概要)
  ・お助けマン(中村) ・買物定期便(関)
2.会合の目的確認
1)埼玉県の補助金事業「地域支え合いの仕組みづくり推進事業」確認
2)椿峰まちづくり協議会における検討経緯の説明
3.商店街活性化、高齢者支援についてニーズやできそうな事
フリーディスカッション
4.今後の予定
1)検討を続けるかどうかの確認
2)検討を続ける場合のスケジュール、メンバー等
 
結論:
1.商工会、まちづくり協議会(地域住民)相互の情報が不足している
2.情報交換を行い、地域支え合い、活性化について一緒に考えることは必要
 
今後の予定
1.商工会は32日に役員会があるので、まず、役員会で今日のことを
報告し、どんなことができるか、を検討してみる。
2.まちづくり協議会は商工会に求めるものを具体的に挙げてみる。
  228日(日)10:00~コミュニティ会館本館で検討会を行います。
3.3月中旬頃に再度検討結果を持って次回の情報交換会を行う。
 
本日の会で出た主な意見等:
 
①商店は配達サービスを必須と考えている。まちづくり協議会の
活動を商店は知らなかったが、話を聞いて相互の協力などが
必要と感じた。役員会で話し合ってみたい。(池ノ谷会長)
②商店街の活性化という観点で見ると、お助けマンボランティア
だけではお金の回る規模が小さい。お金が回る仕組みを新に
考えないといけない。
 (商工課林副主幹)(イベント等を加えた私案を提出)
③商店街活性化は経済・流通の活性化が必要だから、
商工会、市役所商工課が主体で動くことが必要。
その上で、ボランティアの活動について市の橋渡しが
あるともっと活性化できると思う。(杉村)
④商店会はこの周りだと小手指商栄会とさくら通り商店会
があるが、一緒に何かやることなどはないのか?(三井) 
(一緒の活動は無いそうです。)
⑤野菜市を発展させた、出張販売などできないか?(田中)
 秩父の宮の川商店街は老人ホームへの出張を行って、
喜ばれている。(中村)
⑥山口地域は元々大工さんが多いので商工会としている。
加盟店は徐々に減ってきて衰退している。
今は、中氷川神社の祭礼で青空市を出展している。
 理解がいきわたるのには時間がかかると思うが、
会員に今回の話をして、できる範囲のことはしていきたい。(粕谷副会長)
⑦お助けマンの拡張版としてちょっとしたことを工務店に
相談できるとよい(南林)
⑧家のリフォームなどは地元の工務店に頼みたいが、知らないので、
遠くの業者に頼んだりしている。(藤村)
 顔が見える信頼感ができるといいと思う。(杉村)
 地元の商店となじみが薄い。信頼感の醸成が必要。(中村)
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © 「お助けマン」ブログ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]